長女がはじめて準備からおやつ作りに挑戦しました

娘が学校の図書館で料理の本を借りてきました。
季節ごとのデザートのレシピの本で、かぼちゃのカップケーキが作りたいんだそう。
せっかく興味を持ったので、ただ作るだけじゃなくて、勉強に生かすことにしました。
コピーすれば簡単だけど、レシピを書き写すように提案。
こんなに長い分を書いたことがない長女は苦労しながら一生懸命書き写します。
できたら、書いたレシピを見て、家にない材料を調べて買うものリストを作ってもらい、一緒に買い物です。
買い物も、長女に探すように伝えて、時間をかけながらもすべての材料を見つけることができました。
ここまでで、3日かかりました~。(書き写すのが特に大変でした)
そしていよいよ調理です。
道具を出したり、オーブンの準備をしたりするのは私が率先してしましたが、自分で考えながら作業で来ていたかな、と思います。
ついつい先回りしちゃって声をかけたり準備しちゃったのが私の反省点ですね。
長女は大半の作業を自分でできたのがけっこう自信になったみたい。
さっそく、次は何をつくろうかな~と考えているみたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です